交通事故で過失0の時の慰謝料請求について

交通事故28

交通事故は誰もが遭遇する可能性があるため決して他人事にしてはいけません。交通事故に遭い、検証の結果こちらの過失がゼロだった場合、通常とは慰謝料の請求方法が少し異なります。場合によっては十分な慰謝料を受け取れないこともあり得るので、過失がゼロだった場合の慰謝料の請求方法や注意点についてしっかりと学び、正当な慰謝料を獲得できるようにしておきましょう。

過失0になる交通事故とは

交通事故にはさまざまなケースがあり、事故を起こした状況によって加害者だけではなく被害者にも過失があると判断されるケースも数多くあります。過失がゼロになる可能性が極めて高い交通事故とはどういったものかというと、追突事故がそれに該当します。

追突事故は前の車が停車しているときに後ろの車が突っ込むことによって発生する交通事故ですが、交通事故が発生する原因としては完全に後方から追突してきた人の前方不注意です。追突された側に悪いところは1つもありません。

ですからほとんどの場合、追突事故では加害者側が100パーセント過失があるという判断を下されるのです。

慰謝料の請求は加害者自身でおこなわなければいけない

自分自身が過失ゼロだった場合の慰謝料請求や示談交渉で最も注意しなければいけないのが、慰謝料の請求は全て自分自身で行わなければいけないという点です。

慰謝料の請求や交渉などには必ず自動車保険の保険会社が介入してくれると思い込んでいる人も多いですが、保険会社が介入するのは事故に関わった人にも過失があると判断され、保険料の支払いが発生する可能性が出たときです。

保険会社は困ったときに代わりに交渉に応じてくれたりと心強い味方になってくれると思ってしまいますが、交渉に介入するのは自分たちの会社が支払うお金を少しでも少なくするためです。過失がゼロの場合、被害者が加入している保険会社に賠償責任が発生しないため、保険会社が交渉に介入することはできないですし、保険会社からすれば自分たちの会社に全く被害がないため介入する必要性がありません。

被害者側は保険会社が介入してくる

過失ゼロの交通事故の場合、慰謝料の請求は被害者自身でおこなわなければいけないのは先に解説した通りです。ここで慰謝料の交渉が当事者同士のみでおこなえれば何の問題もないのですが、加害者側が直接慰謝料請求の交渉に応じることはまずありません。

任意の自動車保険に加害者側が加入しているのであれば必ずその保険会社の担当者が交渉相手となります。交通事故の交渉に関しての知識がほとんどない素人の被害者が加害者側の保険会社と慰謝料請求の交渉をするのはとても大変なことです。

加害者側の保険会社は賠償責任があります。

少なからずお金を支払わなければいけないのですが、保険会社の担当者はその賠償金を少しでも少なくするためにあらゆる手段を使ってきます。もちろん口調はとても丁寧なのですが、本心は追求できるところをとことん追求して少しでも慰謝料を少なく見積もろうとしているのです。

そもそも被害者側は納得のいく慰謝料が欲しいと考えていますし、一方の加害者側の保険会社は少しでも支払う慰謝料を少なくしようと考えているので目的が真っ向から対立しています。交通事故に何度も遭遇している人はほとんど居ませんから、交通事故の慰謝料請求は初めての経験となることがほとんどです。

どのように進めていけばいいのか手探りの状態なのでとても精神的に負担がかかります。更に交通事故ですから何らかのケガや後遺症を負った状態で交渉をおこなうこととなるので肉体的にも疲労がとても大きいです。そして保険会社はこちらの要求に対してなかなか納得をしてくれません。

あの手この手でこちらにも過失があることを認めさせようとしてきますから、交渉時間もとても長引くことが多いのです。時には無理難題を言ってくることもあるかもしれませんが、もちろん無理な主張には法律的な強制力はないので相手の保険会社の要求に応じる必要は一切ありません。

自分が納得のいく慰謝料を受け取るためには相手に何を言われてもはっきりと自分に過失がないことを主張するようにしてください。

ちなみに保険会社が被害者側に過失があることをどうして要求してくるのかというと、過失を相手が認めればそれだけ損害賠償金が少なくなるからです。交通事故はたいていかなり高額の賠償金となることがほとんどなので、たとえ1割だけでも相手に過失を認めさせれば保険会社が支払う慰謝料を大幅に下げることができます。

過失ゼロを立証するのはかなり難しい

車31

被害者側が過失ゼロを主張し続け、相手に納得させるために最も有効な方法が過失がゼロであるという証拠を立証することですが、実際はなかなか過失ゼロを立証することが難しいのが現状です。最も有効なのが車に搭載されているドライブレコーダーの記録を分析することです。

しかし、近年あおり事故などが増えていることもあってドライブレコーダーの搭載を検討、または実施している人が多いとはいえ、まだまだ普及率は低いです。ドライブレコーダーが使えないとなると方法としては目撃者を探すか、事故発生時の車両の破損状況から判断する事の2つです。

目撃者に証言してもらえればかなり有力な証拠にはなりますが、なかなか見ず知らずの目撃者を見つけることは難しいためすベての追突事故で使えるわけではありません。事故発生時の車両の破損状況による実況見分に関してもあくまでも推測に過ぎないので証拠としてはかなり弱いです。

これらは被害者の過失が小さいという証明にはなりますが、過失がゼロであるという証明にはなりにくいです。

時には弁護士の協力を得ることも必要

このように過失ゼロの場合の慰謝料請求はなかなか被害者自身の満足のいく金額を勝ち取りにくい仕組みになっています。過失ゼロなので本来なら多額の賠償金が支払われるはずなのに保険会社の無理難題などによって受け取る金額が大幅に減ってしまうこともあり得ます。

慰謝料請求の交渉で問題に直面し、満足いく金額を受け取れない恐れがあるときは弁護士に相談してみましょう。弁護士に交渉を依頼することによって場合によっては慰謝料が倍近く変わることもあります。もちろん弁護士に交渉を依頼するとお金がかかりますが、慰謝料をたくさん支払ってもらえると考えれば決して高いお金ではありません。

もし自分が加入している自動車保険に弁護士特約が付加されていれば無料で弁護士を雇うことができます。